煙害を防ぐ東和サプライの自動消火灰皿JSS

コンセプト

  • HOME »
  • コンセプト

発煙を感知し、無人で見守り自動消火

  • 煙が出たらセンサーが感知し、自動消火する機能を開発
  • 内部に*6リットルの水槽タンクがあるので12時間無人管理
  • 一回の噴射量は約50cc 少量で消火

問題の発生原因を徹底的に無くす

  • モクモク煙や臭いを出さないので、非喫煙者からのクレームが無くなる
  • 内部で吸殻と消火後の汚水が分かれ、水切りがされるので清掃時間の短縮
  • 消火に必要な水量しか使わない為、臭いの源となる汚染水が従来の五分の一以下
  • 吸殻入口が小さいので、投げ入れを防ぐ
  • 高さが800ミリと高いので、腰を曲げずに捨てられる

*6L・ハイタイプの場合

各方面への配慮

地球環境への配慮
  • ヤニが滲みだした汚染水を減少
  • 内部で吸殻と消火水が分別されるので、清掃者の手間が減り他の作業が出来る
  • 活性炭フィルターを使用しているので外気汚染の減少
清掃者への配慮
  • 吸殻も原形のまま消火する事で、清掃等のメンテナンスのしやすさを追求
  • 内部で吸殻と消火後の水が分かれ、水切りがされるので清掃時間の短縮
非喫煙者への配慮
  • 灰皿の近くを通っても不快な臭いや煙を出さない
材質への配慮
  • 内部にステンレスを使用する事で錆びや劣化しにい(防火対策も万全)

毎日行うメンテナンス

  • センサーヘッド及び反射板の拭き掃除
  • 消火水が入っているかの確認。(減っていれば補充して下さい。)
PAGETOP
Copyright © 株式会社東和サプライ All Rights Reserved.
PAGE TOP